So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

クルーズ旅行記 8日目 [旅の話]

最終寄港地 パルマ・デ・マヨルカ島へ着くのは午後1時の予定です。

いつものように15階のガーデンカフェで朝食を食べたあと
あと少しになった船の旅をのんびり楽しみました。
15階デッキにある藤の椅子で優雅に海を眺めたり、
部屋のバルコニーから海鳥を見たり・・・(^-^)

11時からは下船説明会がありました。
これは主人だけが出席しました。
(その間私は部屋でひと眠り。こんなことが出来るのも船旅のいいところですね)
この日の夜までに荷造りをして、もらったタグを付けて部屋の前に出しておくと、
下船時に自分で運ばなくても港で受け取れます。

1時からはマヨルカ島半日観光に出かけました。
マヨルカ島はスペインの沖にあるリゾートアイランドです。

最初に行ったのは マヨルカ大聖堂
荘厳な雰囲気のとても大きな教会です。
マヨルカ大聖堂.jpg
中にはたくさんの祭壇がありました。
27マヨルカ大聖堂4.jpg
27ステンドグラス.jpg

ステンドグラスはガウディ作だそうで、朝日が差し込む時それは美しいそうです。
27ステンドグラス3.jpg
ステンドグラス4.jpg

ガイドさんが朝日が差し込んだ時に撮ったという写真を見せてくれました。
本当に綺麗でした。(^○^)

正面にある祭壇の上の天蓋もガウディ作だそうです。
27天蓋.jpg
7角形で木と紙でできているそうです。

パイプオルガンも大きくて立派なものでした。
27パイプオルガン.jpg

この日は何かの催しがあったのか、大聖堂の周りでは軍隊の展示があったり
247マヨルカ大聖堂3.jpg
(銃を持った軍人の方も・・・)
露店もたくさん出ていました。
27露店.jpg

大聖堂を見学した後は少し歩いて街中へ行き、ここで自由時間。
お店を覗いたりしながら過ごしました。
27お店.jpg
広場には たくさんのお店が出ていました。
27広場2.jpg
27広場3.jpg
マヨルカ島はマヨルカパールという人工真珠が有名だそうで
真珠のお店もたくさんありました。
27真珠.jpg
観光馬車もたくさん見かけました。
27馬車.jpg
マヨルカ島の伝統的なお菓子エンサイマーダのお店 
27エンサイマーダ.jpg
渦巻き状のパン見たいなお菓子で 訪れた人は必ず買うそうです。
 
この建物もガウディだそうです。
27ガウディ作.jpg
外壁のモザイクなどがカサバトリョに似ていて「わかる〜!」って感じでした (^○^)

再びバスに乗ってベルベール城へ
27ベルベル城.jpg
中に入ることは出来ませんでしたが、高台にあるので景色が素敵でした。
27ベルベル城眺望.jpg

船に戻って、クルーズ最後の夕食です。
まだ一度も行っていなかった「テイスト」でいただきました。
メニューは「マンハッタン」と同じようでしたが雰囲気の違うレストランです。
窓際の席に案内してくれたので 海を見ながらのディナー (^-^)
29窓際.jpg

スープ
29スープ.jpg
サラダ
image-20170721071400.png
メイン私は魚
image-20170721071448.png
主人はチキン
29メイン.jpg
デザート
image-20170721071515.png
どれも美味しかったです。

この日のショーはもう一度[Burn the Floor」を見ました。

マヨルカ島とお別れです。
船からベルベール城と
27ベルベール城.jpg
カテドラル(大聖堂)が見えました。
27カテドラル.jpg

いよいよ翌日は下船です。

クルーズ旅行記 7日目 [旅の話]

カンヌに着きました。

カンヌの港は大型船が入れないので 沖に停泊しテンダーボートで港に入ります。
26テンダーボート.jpg
テンダーボートは予約が必要ですが ツアーは添乗員さんがしてくれるので楽チンです (^-^)

この日はエズ村へ観光です。
港からバスに乗って1時間くらいでした。
まず、エズ村の真下にある香水工場「フラゴナール」を見学しました。
26香水工場.jpg
案内の女性はとても上手な日本語で説明してくれました。
世界中から花を集めていて 日本からは「金木犀」を取り寄せているそうです。
いろいろな香水を試香させてもらいました。
最後にショップでお買い物も出来ました。
私は匂いのあるものは苦手なので香水はパスして
アルガンオイルとアルガンオイルの入った保湿クリームを購入しました。
image-20170718115444.png
両方買うとポーチがついてます。(^-^)

フラゴナールの駐車場からエズ村が見えました。
26エズ村.jpg
エズ村は切り立った岩山に沿って造られた村という感じです。
26エズ村5.jpg
ずっと続く石畳の道を歩いていくと可愛いお店やレストランがあります。
26エズ村3.jpg
26エズ村レストラン.jpg

街の雰囲気がとても可愛くて 素敵でした。(ずっと坂でしたけど…)

もっと上に植物園があり サボテンがたくさん植えられていました。
26エズ村サボテン.jpg
…というか、ここは展望台ですね。
26エズ村4.jpg
ここからの眺めは絶景です!! 
26エズ村展望.jpg
頑張って登った甲斐があるというものです  (^○^)

駐車場までの道すがら 時々お店を覗いてみました。
ここは木製品のお店です。
26エズ村木製品.jpg
実は今、キャンプ用の木製のカップを探しているんですが
残念ながらありませんでした。

この操り人形「長靴をはいた猫」がとても可愛かったです。
26エズ村長靴をはいた猫.jpg
教会も見学させてもらいました。
26エズ村教会.jpg
ヨーロッパの教会は本当に綺麗です。

カンヌの港へ戻って ガイドさんの案内で港から少し歩いて
26通り.jpg
ちょうど開催されていたカンヌ映画祭の会場へ。
もちろん入ることはできませんが、レッドカーペットを見てきました。
26映画祭.jpg

会場前で解散、自由行動。
近くのスーパーで買い物したり
26スーパー.jpg
街を歩いたりしました。
26街並み.jpg
港には豪華なクルーザーやヨットがたくさん停泊していました。
26クルーザー.jpg
26ヨット.jpg

港から見たエピック。 
26エピック.jpg
あそこまで再びテンダーボートに乗って帰ります。
帰りのテンダーボートは予約不要です。

この日の夕食はシュラスコのレストラン「モデルノ」
串焼きにしたいろいろなお肉を持って席を廻ってくれますが
そんなに肉ばかり食べられません (^◇^;) 若い人にはいいでしょうね〜。

この日のショーは「グラフィッククラシック」
バイオリン・ビオラ・チェロ の四重奏で笑いを盛り込みながら演奏してくれました。
英語がわからなくても十分楽しめました。
バイオリンは女性。ビオラは日本人の男性でした。
このショーでハプニングが!!
ショーの途中でチェロ奏者が客席を回り 舞台に上げる人を探していました。
日本人で英語も話せそうにない私が選ばれるわけはないと思っていたのですが
なぜか選ばれて、舞台でチェロを弾く羽目に・・・
といっても、弓を動かすだけなんですけどね (^○^)
26グラフィティクラシック.jpg

翌日エレベーターであった方に、「昨日演奏していましたね」と声をかけていただいたり
いい記念になりました。(^-^)


クルーズ旅行記 6日目 [旅の話]

リボルノに入港しました。

この日はフィレンツェへ観光に出かけます。
バスで2時間くらいかかりました。

最初に行ったのはミケランジェロ広場
25ミケランジェロ広場.jpg
高台にあり、遠くにこれから行くフィレンツェの街が一望できます。
25展望.jpg
サンタ・マリア大聖堂は大きいですね〜 (^○^)
25大聖堂.jpg
ヴェッキオ橋も見えました。
25ヴェッキオ橋.jpg
主人はこの橋に行ってみたかったようですが…
フィレンツェ最古の橋で 上に住居やお店があるそうです。

いよいよフィレンツェの街へ
でも大型バスは街中に入れないので、駐車場から歩いて移動です。
25アルノ川.jpg
アルノ川沿いに30分くらい歩きました。

この日の観光目玉はウフィッツィ美術館です。
ガイドさんがチケットを用意してくれていましたが それでもしばらく並びました。

とても大きな美術館です。
展示してある絵の数も多いので、ガイドさんの案内で有名な絵を主に鑑賞しました。
25絵1.jpg
25絵2春(プリマヴェーラ).jpg
「ヴィーナスの誕生」は有名ですね。
25絵3ヴィーナスの誕生.jpg
これはミケランジェロ作です。
25絵4聖家族 ミケランジェロ.jpg
ラファエロの「自画像」
25絵5ラファエロ自画像.jpg
絵の鑑賞が好きな主人はきっと、もっとゆっくり観たかったんじゃないかな。
美術館の廊下の天井も綺麗でしたよ。(^-^) 
25美術館天井.jpg
美術館の外にもたくさんの彫刻がありました。
image-20170705105159.png
image-20170705105231.png

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
25大聖堂近くから.jpg
近くで見ると本当に大きいです。カメラに収まりません。

サンジョバンニ礼拝堂
25サンジョバンニ礼拝堂.jpg
左手前の八角形の建物です。奥は大聖堂。
東扉。通称「天国の扉」
25金の扉.jpg
これはレプリカで本物はドゥオーモ付属博物館に所蔵されているそうです。
そうですよね〜。こんなところに金の扉なんて…
あっという間に薄くなってしまいそうです (^◇^;)
でも、レプリカでもとても綺麗でしたよ。

この後は自由時間です。
イタリアに来たらやっぱりピザ食べなくちゃ!!
ガイドさんに教えて貰ったお店へ
25レストラン2.jpg
テラス席ではなく中に案内されました。
25レストラン.jpg
日本語のメニューをお願いしました。
25ピザ.jpg
美味しかったです。ピザ大好き!! (^○^)

再び歩いてバスへ
日差しがとても強くて 暑かったです。暑いの苦手〜〜!! σ^_^;

船の部屋に戻るとゾウが出迎えてくれました。
25ゾウ.jpg

この日は食事付きのショー(有料)を予約していました。
まずは食事
前菜
image-20170705105258.png
メイン
image-20170705105318.png
デザート
image-20170705105405.png
食事の合間に いろいろなコスチュームのパフォーマーが席を廻ってきます。
25パフォーマー.jpg
25パフォーマー2.jpg
食事が終わってからアクロバットなショーを堪能しました。
image-20170705105700.png

この日でイタリアとお別れ。
翌日はフランスのカンヌです  *・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

クルーズ旅行記 5日目 [旅の話]

朝起きた時にはチビタベッキアに入港していました。
この日はローマ観光です。

7時45分 ロビーに集合し、バスで約1時間半でローマに到着。

コンスタンティヌスの凱旋門
24凱旋門.jpg
ローマ最大の凱旋門で とても迫力がありました。
コロッセオのすぐ横にあります。
5_24コロッセオ.jpg
コロッセオもとても大きな建物で 中には入りませんでしたが外周を回ってみました。
24コロッセオ2.jpg
2000年近く前にこんな大きな建造物ができたんですね。
すごいです!!

トレビの泉
5_24トレビの泉.jpg
たくさんの人でごった返していましたが
なんとか隙間を狙って ちゃんと座ってコインを投げてきました。
1枚か2枚か迷うところですが… 1枚にしました。
コインの枚数で願いが変わるそうです。(^-^)
1枚投げると 再びローマに来ることができる
2枚投げると 大切な人と永遠に一緒にいることができる
3枚投げると 恋人や夫・妻と別れることができる。

トレビの泉のすぐそばのジェラート屋さんでジェラートを食べました。
美味しかったです。 私はバニラとバナナにしたんですが
主人のピスタチオがとても美味しかったです (^○^)

スペイン広場
「ローマの休日」で有名な階段。
5_24スペイン階段.jpg
たくさんの人が座っていました。
気持ちはわかります。私も座りたい!!
ここでも隙間を狙って座って写真を撮りました。(^-^)
暑くてバテバテの顔が撮れました (^◇^;)

階段を登ったところにあるトリニタ・デイ・モンティ教会の前が集合場所です。
時間があったので少し中を見学させてもらいました。

ここからのローマの街並みの景色はすごく素敵でした。
5_24展望2.jpg

バスで移動して街中にある三越へ
ローマにも三越があるんだぁ〜と感心しながら ここで解散。自由時間です。
5_24ローマ街並.jpg
街並みもオシャレで素敵です。
ヨーロッパに来た〜!!って感じですね o(≧▽≦)o

近くのサンタ・マリーア・マッジョーレ教会を見学しました。
24教会.jpg
5_24教会3.jpg
とても素敵でした。

ローマにはこんな素敵な教会がたくさんあるんですね。
機会があったらもっとゆっくり観光したいです。
コイン1枚は正解でしたね  (^○^)
願いが叶いますように…

夕方には船に戻って夕食。
この日は初日と同じ「マンハッタン」で。
7時にコンサートの予約をしていたので 大急ぎで食事しました。

image-20170701232148.png

image-20170701232211.png

添乗員さんが 1日遅れですがとバースデーケーキを用意してくれました。
でも食べる時間がなかったので、後で部屋に届けてもらいました。
image-20170701232227.png

予約したブレンダ・コクーンさんのコンサートは 彼女の体調が良くないということで
急遽カルロス・ネボットさんに変更になりました。
この日も少しウトウトしながらのコンンサートでした。
もったいな〜い!! でも疲れには勝てませんでした。

部屋に戻ってしばらくするとケーキが届いたので コーヒーと一緒にいただきました。 (^○^)

クルーズ旅行記 4日目 [旅の話]

ナポリ港に入港しました。
23入港.jpg
この日はカプリ島 青の洞窟へ観光に出かけます。

しかし…
明け方目を覚ました時 いや〜な感じが… (ー ー;)
めまいを起こしそうな感覚なのか 酔っているのか…とにかく気分が悪いです
めまいの薬を飲んだけれど 朝になっても調子は戻りません。

カプリ島への観光をキャンセルするか、悩むところです
カプリ島へは高速艇で行って、そこからモーターボートに乗り換えると聞いていました。
確実に気分が悪くなりそうな行程です (^^;)
それでも青の洞窟は是非とも見たいと思っていたので 
とりあえず酔い止めを飲んで参加することにしました。

食欲もないけれど何も食べないのも…と思い
朝食は「ガーデンカフェ」でフルーツを食べました。

ナポリ港を歩いて移動して高速艇乗り場へ。
ナポリ港.jpg
港の近くにも古い建物がたくさんありました。

高速艇は割と大きな船で揺れることはありませんでした。
23高速艇.jpg
約1時間でカプリ島へ到着です。(ここまでなんとか無事です)
23カプリ港.jpg
いよいよモーターボートへ。
青の洞窟の入り口まで来るとたくさんのボートが順番待ちをしています。
23モーターボト2.jpg
ここで1時間以上揺られながら待ちました …>_<…
ひたすら遠くの景色を見ながら待ちました …>_<…

青の洞窟は、波が高かったりするとカプリ島まで来ても中に入れないことも多いそうですが
この日は無事入ることができました。
公園の貸しボートくらいのボートに乗り換えて入ります。
23ボート.jpg
入る時、船頭さんに「head down!」と言われたら、みんなで寝そべって低くなります。
船頭さんは波に合わせて上手にロープを手繰り
幻想的な世界へ連れて行ってくれました。
23青の洞窟.jpg
23青の洞窟2.jpg
ほんの1、2分のことでしたが 頑張って来てよかったと思える光景でした。(^○^)

ちなみに船頭さんへは一人1ユーロのチップを渡すのが慣例だそうです。

カプリ島の港へ戻って ケーブルカーで高台へ登ります。
23ケーブルカー.jpg
ここからの眺め
カプリ島展望.jpg
素敵なんですが、ちょっと疲れています。
とにかく暑いんです。 (^◇^;)
ヨーロッパは日差しがきついと聞いていましたが、想像以上の暑さでした

カプリ島のレストランで昼食です。
リゾットと
23リゾット.jpg
レモンジュース
23レモンジュース.jpg
このレモンジュース お店の方のオススメでしたが本当に酸っぱかったです!!
レモンを絞ったそのままという感じで、
お砂糖をつけてくれているのですが、全部入れても全然効きませんでした (^^;)
しかもシロップではなくシュガーなんです。
混ぜてもなかなか溶けな〜い! (^◇^;)
メインは魚のフリッターのようなものでした。
23魚のフライ.jpg
調子が良くなかったのであまり食べられませんでしたが 味は悪くなかったです。

カプリ島はレモンの産地だそうで レストランの庭にもたくさんなっていました。
23レモン.jpg

レストランから乗り合いバス乗り場まで少し歩きました。
23カプリ島.jpg
カプリ島の道は狭く、大型バスは通れないのでタクシーかミニバスでの移動になります。
なかなか乗れるバスが来なくて結構待ったので
カプリ港でのお買い物タイムが短くなってしまいましたが
レモンのクッキーや飴・グミなどを孫たちへのお土産に買いました。

再び高速艇でナポリ港へ帰り、港で解散。
港内を少し見て 船に戻りました。
船に乗る時は その度クルーズカードのチェックはもちろん荷物検査もあります。
水やお酒を持ち込まないようにチェックしているようです。
これらの物は船内で購入してくださいということみたいですね。

私たち夫婦は二人ともお酒を飲まないし、ソフトドリンクは自由に飲むことができるので
水は街で買いました。(船内より安いので)
水.jpg
500ml 1ユーロのところが多かったです。

部屋に戻ると
23兎.jpg
うさぎが出迎えてくれました。
これはタオルアートで、客室係が作ってくれます。 (^○^)
最初のタオルアートがうさぎなんて!! 疲れも吹っ飛びますね♡

この日の夕食は有料レストランのイタリアン「ラ・クチーノ」で
あまり食欲がなかったので 牛肉のカルパッチョとエビをチョイスしました。
23カルパッチョ.jpg
23エビのグリル.jpg
味は悪くないのですが 疲れのためかあまり食べられませんでした。
アイスは美味しくいただきました (^-^)
23アイス.jpg
主人は野菜スープやチキンなどを選んで食べていました。
23スープ.jpg
23前菜.jpg
23メイン.jpg
23デザート.jpg
美味しかったそうです。

食事の後は毎日の楽しみ ショー鑑賞です。
この日は ミュージカルショー「砂漠の女王 プリシラ」を観ました。
でも、途中ウトウトしてしまいました (^◇^;)

朝起きた時はどうなることかと思いましたが 無事1日を終えることができました。

実はこの日 誕生日でした。
記念の日に 青の洞窟を見ることができたのはラッキーでした。
体調が良ければもっと良かったんですけどね (^◇^;)

それでも、思い出に残る誕生日でした。 (*^.^*)

クルーズ旅行記 3日目

前日バルセロナ港を出発した船はイタリア ナポリに向けて航行中。

朝 目を覚ますとカーテンの隙間が薄明るく見えたのでバルコニーに出てみると 
ちょうど朝日が昇るところだったので、主人を起こして一緒に眺めました。
23日の出.jpg
クルーズ中一度は見たいと思っていた朝日 見ることが出来ました。
水平線から昇る朝日はなかなか見られませんからね (^-^)

ちょっと奮発してバルコニー付きの部屋にして良かったと思える時間でした。
23バルコニー.jpg

朝食は「オーシーハンズ」で
ここは注文形式のレストランです。
フレンチトーストとスクランブルエッグをいただきました。
23朝食.jpg

この日は終日航海日
時間はたっぷりあります。まずは船内の散策です。
23船内散策1.jpg
朝早いので誰もいませんね。

最後尾にはシアター付きのプール。両サイドにジャグジーがあります。
23シアタープール.jpg
小さな子供達が遊ぶスペース。
23子供スペース.jpg
バスケートコートやトランポリン
ウォールクライミングもありました。
23ウォールクライミング.jpg
朝のプールはまだ静かです。
23プール.jpg
スラーダーもありますね。ここにもジャグジーが二カ所あります。
こんな面白そうなのもありました。浮き輪に乗って滑ります。
23スライダー3.jpg
楽しそうですが、プールには一度も入りませんでした。

船内にはゲームコーナーや
23ゲームコーナー.jpg
ギャラリー
233ギャラリー.jpg
他にカジノもあります。

ロビーではカラオケ ダンス教室 寿司職人のデモンストレーションなど
一日中 いろんなイベントが開かれています。
数独をやっていたので参加。
残念ながら時間内には解けませんでした (^◇^;)

お昼ご飯は「ガーデンカフェ」で軽めにフルーツとクロワッサン
23昼食.jpg
プールサイドも賑やかになっています。
23プールサイド.jpg
外国の方は日光浴が好きですね。
私たちは影を選んで のんびり過ごします。

ここでも ライブ
23プールサイド生演奏.jpg
氷の彫刻
23氷の彫刻.jpg

他にも「Mr.Sexy Legs]というコンテストをやっていて
審査員の女性も男性出場者も乗客なのですが ノリノリでアピールするのが面白かった (^○^)

船内のショップではタイムセールもあって パーティバッグを購入しました。
image-20170620094652.png


この日は夕方からツアー会社主催のプチパーティーがありました。
ノルウェージャンエピックはカジュアル船でドレスコードはありませんが
ちょっとだけおしゃれして出席しました。

この旅行中最初で最後のアルコール。シャンパンで乾杯!!
23シャンパン.jpg

プレゼント抽選があり、なんと5人のうちの一人に当たり!!
ポーチをいただきました。
23ポーチ.jpg

そのあとフランス料理の「ル・ビストロ」で夕食
ここは有料のレストランですが、ツアーに3回の有料レストランの食事が含まれています。
23マンハッタン.jpg

サラダやメイン料理・デザートなどをいただきました。
23夕食サラダ.jpg
23メイン2.jpg
23夕食ステーキ.jpg
23夕食メイン.jpg
23夕食デザート.jpg

食事の後はエピックシアターで「Burn the Floor」というダンスのショーを観ました。
23バーンザフロアー.jpg
コメディタッチでダンスと音楽もよくて すばらいいショーでした。

ショーは当日でも見ることができますが、予約をした方が早めに入場できます。
予約は部屋にあるテレビ画面からします。
その日のイベントやショーなどは毎日届く船内新聞でチェックすることができます。
英語ですが、少し遅れて日本語の新聞も届けられました。

イベントに参加したり 部屋に戻って休んだり、バルコニーから海を眺めたり 
23海.jpg
終日クルーズ 退屈することなく一日を過ごせました。(^○^)

クルーズ旅行記 二日目 〜乗船〜 [旅の話]

まずはチェックイン手続きです。
チェックインの列に並ぶ前にスーツケースは入り口で預けます。
このスーツケースには前もって配られた部屋番号が書かれたタグが付けてあり
この日の夕方までには部屋の前に届けてくれます。 (^-^)

午後からのチェックインだったのであまり混んでいませんでしたが
多い時は何時間も並ばないといけないらしいです。
チェックインの列に並ぶ前に 空港と同じように荷物検査がありました。
水やお酒は持ち込み禁止です。

チェックインの手続きが終わると、クルーズカードが渡されます。
このカードが この船でのルームキーや身分証になります。
写真も撮って 登録されました。
乗船、下船の時や船内での買い物、ショーを観る時、レストランを利用する時などにチェックされます。
特に乗船・下船の時は写真と顔を見比べていました。

チェックイン手続きが済んだらいよいよ乗船です。(*^◯^*)
この船は約15万トン 全長329m 乗客定員4100名 乗組員数1753名
22船.jpg
近くからだと全体が入りきらないくらい大きいです!!

5階ロビーに集合して添乗員さんから説明を受けた後、まずは自分の部屋へ・・・
とても大きい船なので廊下も長い!!
22廊下.jpg
10階156号室。
22部屋.jpg
ベッドは大きくて寝心地もよかったです。
正面が廊下へのドア。
右奥に見えるのががシャワーブース その向かい左奥がトイレ
トイレとシャワーブースのドアは なんと!すりガラスでした。
もちろん透けて見えることはありませんし、すぐに慣れました。
ただ、トイレはバキューム式で飛行機の3倍くらいの音がします。
これは最後まで慣れることがなく、毎回「大きい音だなぁ」と思ってました (^^;)

手前にはソファ その向かいにクローゼットとタンス
ソファの背もたれの後ろも上にも収納スペースがありました。
十分すぎる収納です。

部屋をひと通りチェックしたら、とりあえず遅めの昼ご飯です。
15階の「ガーデンカフェ」はビュフェ式でいつでも好きなものを食べることが出来ます。
私はピザを
image-20170618160124.png
主人はハンバーグとサラダ
22ランチ.jpg
私はクランベリージュースが気に入って 航海中何度も飲みました (^-^)

食事から帰ったら すでにスーツケースが届いていたので
荷物をそれぞれの場所に収納し、スーツケースはベッドの下へ。
下船前日まで荷物の出し入れをしなくていいし
パスポートも部屋の金庫に入れっぱなしで
観光に出るときはコピーだけを持って行けばいいので、とても楽でした。

この日は乗客全員が一度は参加しなけらばならない避難訓練がありました。
放送があったらクルーズカードに記載されている場所に集合します。
説明は英語で結構早口だったので、ほとんど聞き取れませんでしたが
とりあえず義務は果たしました (^◇^;)

夕食は 添乗員さんが席を確保してくれていたレストラン「マンハッタンルーム」へ
このレストランでは生演奏を聴きながら
22生演奏.jpg
メニューから好きなものを好きなだけ注文しいただきます。 ^ - ^

私はオニオングラタンスープ
image-20170618160143.png
ワイルドクラブケーキ
image-20170618160204.png
ニュージーランド産メルルーサのフィレ
image-20170618160231.png

主人はクラムチャウダー
22クラムチャウダー.jpg
シーザーサラダ
22シーザーサラダ.jpg
プライムリブのロースト
image-20170618160247.png

デザートはフルーツの盛り合わせをいただきました。
image-20170618160301.png

どのお料理も美味しかったです。

夕食の後は エピックシアターで「エピック・ビートルズライブ」を見ました。
22ビートルズ.jpg
演奏も上手で、雰囲気や声もビートルズに似ていて 楽しめました。

その後は ちょっと船内を散策。
夜のプールは 誰もいなくてライトが幻想的です。
22夜のプール.jpg

それにしても食べ過ぎです (^◇^;)
ちょうど10階という真ん中あたりの部屋だったので
22階段.jpg
なるべく階段を使って移動しようと主人と話し合ったのでした。 (^^)

こうして二日目 乗船の日は終わりました。
寝ごごちのいいベットで早目に眠りにつきました。

クルーズ旅行記 二日目 [旅の話]

二日目は午前中バルセロナ観光です。
現地ガイドさんに連れられ、まずはサグラダファミリアへ 
image-20170617234731.png
前日と同じところからの写真です。
まだ未完成のサグラダファミリア。
古いところと新しいところの違いがよくわかります。

中にも入りました。
image-20170617235432.png
自然をテーマにしているそうで 柱が木のようで森の中のイメージ (^-^)
22サグラダファミリア天井.jpg
天井も花のようで綺麗です。
image-20170617235338.png
ステンドグラスも素敵でした。

image-20170617235357.png

22サグラダファミリア博物館.jpg
博物館や展示室などにも色々展示してあって 時間が足らないくらいでした。
エレベーターで塔に上がることもできるみたいでしたが 行けませんでした。(^◇^;)

カサバトリョ 
image-20170617235537.png
ベルコニーが仮面のようなデザインです。
22カサバトリョモザイク.jpg
壁のモザイクが綺麗でした。

モンジュイックの丘
image-20170617235641.png
遠くに見えるのはこの後行くバルセロナ港です。
モンジュイックの丘.jpg
さっき行ったサグラダファミリアも見えます。

いよいよバルセロナ港へ向かいます。

           〜 長くなるので続きます 〜

クルーズ旅行記 初日 [旅の話]

クルーズ旅行初日ですが まだ船には乗りませんよ。^_^;

私たちが選んだのは関空発着のツアー
「ノルウェージャン・エピック エンターテインメントシップで行く地中海クルーズ10日間」です。
関空近くのホテルに前泊し朝8時25分集合。
集合といっても着いた順にそれぞれ手続きをし、搭乗します。
同じツアーの方達と会ったのは乗り継ぎのアムステルダム空港に着いた時でした。

10:25 KLMオランダ航空で関空を出発。
この日の目的地はバルセロナです。
機内では映画を堪能しました。機内食の時以外はほとんどの時間観てました。
映画を見るのは好きなので 約13時間のフライトも退屈せずに過ごすことができました。
新しい映画も見ることが出来て良かったです。

15:10アムステルダム空港到着。入国審査もアムステルダムでしました。
乗り継ぎに時間があったので アムステルダム空港を少しだけ散策。

チューリップとミッフィーの国ですね (^-^)
image-20170617235003.png
image-20170617235026.png

19:05 バルセロナ空港到着  バスでこの日宿泊するホテルへ。
日没が21時頃なので、まだ明るいです。
他の人達がそれぞれバルなどに食事に出かける中
ライトアップしたサグラダファミリアを見たいという主人と、タクシーで行ってきました。
image-20170617235147.png
翌日の観光ツアーでも行くんですけどね (*^_^*)
でも、夜のライトアップされたサグラダファミリアも幻想的な雰囲気でよかったです。
22時過ぎてもかなりの人がライトアップを見に来ていました。

再びタクシーでホテルへ戻り
機内食で全然お腹が減っていなかったので この日はこのまま就寝。
ぐっすり眠れました。

クルーズ旅行記 〜きっかけ〜 [旅の話]

5月20日から29日 地中海クルーズの旅に行ってきました。

きっかけからお話したいと思います。(まだ出かけませんよ〜! (^-^))

主人の会社では永年勤続表彰というのがあって
15年 25年 35年 に表彰されます。
その時 お休みと旅行の補助金がいただけるのです。

15年目には子供達を連れて長崎へ25年目には夫婦二人で北海道へ行きました。
(この時は国内旅行限定なんです)
さて、35年目はどこへ行こうか・・・少し前から話していました。
35年目は海外もOKなので、行ったことのないヨーロッパかなぁ〜なんて言っていましたが
ふと主人が「クルーズでも行ってみる?」と言ったのです。

私は主人がクルーズに興味があるとは露ほども思っていなかったので・・・
もちろんその話に飛びつきました。
実は私某番組でクルーズの様子を見てから行ってみたいなぁ〜と思っていたのです。( ´ ▽ ` )

最初は日本発着のプリンセスクルーズで北海道に行ってみようかなんて話していたのですが
主人が出頭で東京へ行った時
今回お世話になった「クルーズプラネット」さんで話を聞いてきて
お勧めされた地中海もいいね〜という話で盛り上がり、ついに決定したのでした。

旅行会社に勤めていた娘も経験したことのないクルーズ。
ネットで色々調べて準備を整え
体調不良も乗り越え(?)なんとか旅行にこぎつけました。

長〜い旅の話。
少しずつ書いていきたいと思います。 (^^)

前の10件 | -